スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
インタビュー
- 2010/10/31(Sun) -
20101031.jpg


ポーカーフェースだが、熱いハートの持ち主だ。

「他人の目線が気になった時期もあった」と明かすが、
年齢を重ねるごとにそんなちっぽけな感情は消えた。
いまは「毒にも薬にもならない人になるよりかは、
思いっきり薬になるか、逆に思いっきり毒になった方がいい」。


183センチの長身で、モデルとして活躍してきた。
俳優デビュー後は個性的な役が舞い込むことが多い。
今回演じるのは、幼いころに両親を殺害され、敵討ちに人生をかけてきた男。
ターゲットら2人の命を奪い死刑判決が確定。
収監後は新人刑務官の及川直樹(伊藤淳史)と友情をはぐくみ、荒ぶる心を静めていく。

「自分から心を閉ざして闇を作ってきた男というのは、
今まで演じたことはなかった。
そういうところではやりがいを感じるし、
直樹と向き合う過程で小さな光を見いだしていく男の姿に、
色気を感じます」
 

撮影前は自発的に刑務所を見学。
暗く重い空気を肌で感じることで、役のイメージを高めてきた。
だが、手もとに届いている台本を読むかぎり、せりふがほとんどない。
表情も乏しいキャラクターが抱える心の闇を、どう表現していけばいいのか。
行き着いた答えは、伊藤との“ガチンコ”だった。

「表面的な友情を見せてもきっとしらけるだけ。
伊藤君と僕の役に対する思いがぶつかりあったとき、自然と生まれてくる感情が重要になる。
お互いの持っている人間性をどこまでぶつけることができるか。
バチバチの芝居をさせてもらって、芝居を越えた何かを映像に焼き付けていきたい」。


死刑囚が自分の犯した過去と真っ正面から向き合ったときどんな変化を遂げるのか、
注目してほしいと話す。

プライベートは多趣味。旅や美術館めぐり…。
仕事から心を解放するための大切な時間かと思いきや、そうではないよう。

「僕は趣味も“オン”状態でなければ楽しめない。
家で過ごしているときも感覚は常に開いた状態。
気分転換に撮影現場や東京の街をプラプラと散歩するだけでも新しい刺激を拾える。
このテンションが、自然とお芝居に落とされていくんです」


元記事
スポンサーサイト
この記事のURL | TV | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。