スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
teaching
- 2001/06/12(Tue) -
d01.jpg d02.jpg


是枝 : こんばんは。たくさんお集まりいただいてありがとうございます。監督の是枝です。

ARATA : 水原敦役のARATAです。

是枝 : 『ワンダフルライフ』の時にも、観ていただいた方と話をする機会を何度か持たせていただきました。今回も是非やりたいと僕も思っていたし、ARATA君からもティーチ・インはないんでしょうかと話があったので、また2人でやることになりました。

もともとこの映画は、『ワンダフルライフ』を終えたあとに、ARATA君・伊勢谷君となにか新しい映画をやろうということであまり方向性を決めずに撮影だけスタートしたんですが、半年ぐらい経つうちに形を変えてずいぶん複雑な映画になりました。スタートから関わってみて、今回の映画についてはどんな感想をARATA君は持っていますか。

ARATA : 友介と2人での撮影が2年前で・・

是枝 : そう2年前の夏。

ARATA : それから半年以上たって『ディスタンス』の最初のプロットができあがって。自分としては、友介と2人での撮影では、自分と友介の微妙な距離感があからさまで、そこで自分がより理解できたというのがあったんで・・

是枝 : もともと2人のまったくタイプの異なる青年の違い、距離を描こうとスタートして、結果的に話はずいぶん変わったんですが。いま見るとやっぱり、神を信じて向こう側にいった人とこちら側に残った人との距離だとか、残された5人の、立場は同じだけど事件に対する想いが違っている距離だとか、最初に描きたいと思ったテーマは残っていて、そのへんはARATA君、伊勢谷君の主人公を通して描けたかなと思っています。

映画を作って思うのは、劇場を出た後にすぐに忘れてしまうのではなくて、皆さんの中で映画が違う"はじまり方"をしてくれたらいいなと。そういうふうに日常生活に引っ張っていってもらいたいなという気持ちがあって。そういう映画を作りたい、と。こういう時間を持つことが「お土産」を持って帰ってもらうきっかけのひとつになればいいなと、僕自身は思っていますので、感想でも質問でもどうぞ。




------------------------------------------------------------------------------

男性1 : 敦はなぜ最後にあの場所に戻って橋を燃やすという行為を行ったんですか?

是枝 : なぜだと思いましたか?

男性1 : 敦が怒りを感じていて、その怒りを橋を燃やすという行為で浄化したと思った。

是枝 : 面白い意見ですね。他の意見の人はいますか?

女性1 : それに関して、最後に敦が「父さん」といいますけど。監督は敦と父の距離をどう考えているんですか?

是枝 : あんまりこの映画、物語をわかりやすく進めていないので、物語がわからなかったという人がいるかもしれないなと思いながら今話しているんですが。例えばARATA君がやった役とりょうさんがやった役が本当に姉弟なのか、言葉として映画の中で語ってはいないので、見る人によってわからないところがあるし、父との関係もあんまり明確にはしていないんですよ。僕としては、この映画がどんな映画かと言うと、消化しきれない問題として父との関係があって、それゆえにいろんなところで擬似的な人間関係をつくりながら生きてきた敦が、最後に一言だけ肉声を発する、それにたどり着くまでの物語ととらえていた。最後の行為についていろんな人に意見を聞くと、否定的にとらえる人もいるし、前向きだと感じる人もいる、非常に絶望的だという人もいて、人それぞれとらえ方が違うんだなと思っています。答えになっていないですね。(笑)敦が映画の中で「サイレントブルー」という時間について話すところがあるんですが、実はあれはセリフがあったわけではなくて、終わりと始まりについて好きにしゃべってくださいとARATA君にお願いをしたら彼の中から出てきたやり取りで、それがこの映画が描こうとしていたある感情だったり時間だったりというものとすごくうまくリンクしているなと思った。最後の燃やすという行為は、始まりであって終わりであって、決別であって出会いであって、いろんな二重性をこめたシーンとして作っています。だからいろんな意見があっておもしろいなと。

男性1 : 怒りはありましたか?

是枝 : あのシーンを撮ってるときはどんな感情を持っていましたか?

ARATA : ある意味、決別。父親と決別して自分の人生を前を向いて歩いていけるように。そのきっかけが桟橋に火をつけること。「父さん」という言葉は虚構の中で生きてきた自分との決別であり、父に対するトラウマとの決別。父親を乗り越える。その瞬間があのシーンだった。だから怒りというのはその要素としてあったのかもしれない。

女性2 : 生きるってことは赤い血を流すことだと思うんです。赤い火を燃やす行為が血につながり血が生きることにつながる。だからそれを選んだのではないかと。

是枝 : おもしろいですね。この映画、いろんなところに火と水が象徴的にも具体的にも出てくるんですね。伊勢谷君がはじめにしていたゲームは消防士のゲームでして。だからちっちゃいところも入れて、いろんなところで火と水が持っているイメージを描こうと思って。撮影の前にARATA君と人が生まれる時と死ぬ時は水と火を使うという話をしたことがあって・・・。

ARATA : 人が生まれた時の産湯は火で暖めるし、死んだ時は火で燃やされる。

是枝 : プロットを作る時にそんな話をしてたことを、質問を聞いていて思い出しました。




------------------------------------------------------------------------------

女性3 : 早稲田大学文学部にいます。監督の後輩です。文学と映像の違いってなんですか。なぜ映像を選んだのでしょうか。

是枝 : もともと小説を書こうと思ってたけど、学校がつまんなくて行かなくなった。大学の頃から、映画を監督の名前で見るようになってはまった。でも集団作業がその頃苦手だったから、まずは脚本を書こうと思った。小説を脚本に方向転換したんです。でもそれがすぐ仕事になるわけじゃないので、なにか映像に関わりながら生きていけたらいいなと考えるようになっていきました。文学と映像の違いは難しいけど、僕まだ根っこに活字の発想とか文章の構築がある。映画というのは文学とは違う文法、違うリズムがあるんだけど、どうしても言葉のリズムに近いところで映画をとらえてしまう傾向があって、どうやったら映像のリズムをとらえられるかが僕の課題なんです。今でもその違いについて考えています。答えはまだ出ていませんが、確実に違うと思います。


------------------------------------------------------------------------------

女性4 : 俳優とのコラボレーションと監督の内面にあったオウムを題材としたテーマ性は、どの程度バランスがとれて、どの程度実行できているのでしょうか?

是枝 : テーマを煮詰める作業は、かなり時間をかけてやりました。でも現場では逆にテーマに引きずられないように、シチュエーションとキャラクターを受け止めた役者から出てくる表現がどうやったらリアリティを持つかとということに集中した。それは引き出せたと思う。

女性4 : ARATA君が神について語っているシーンは、りょうさんとのシーンをふまえているのか、それともARATA君として話しているのかわからなかったのですが。

是枝 : あのシーンは、伊勢谷君は自分で考えているけど、ARATA君にはこんな話をしてくださいとテーマ性を含んだものを渡していて、それを普通のやり取りに紛れ込ませて話してもらってるんですよ。伊勢谷君は知らないでフリートークだと思って話しているんですけどね(笑)。

ARATA : 騙されてるんですよね。あの人は(笑)

是枝 : あそこでのARATA君の話に関しては、りょうさんとの関係も含めて、それが壊れたあと残された彼が話す言葉としては、一貫性を持たせたつもりではいます。

ARATA : あのシーンは、1時間ぐらい2人で話をしてて、自分の気持ちがダーッと出ることもあってどんどん話がずれていって、どこで監督から言われていた話を出そうかと・・・。映画で使っているのは監督からこういう話をしてくださいと言われたところです。

是枝 : いい撮影だったよね。


------------------------------------------------------------------------------

男性2 : 桟橋にあるボートは、使わないのになぜあそこにあるんですか?

是枝 : 最初の設定はもっと大きい湖で、ボートで真中まで行って花を浮かべて帰るというシチュエーションだったんですけど、ロケハンに行ったときに、湖が小さいのでボートはやめて桟橋にしようという話になった。ボートを沈めたのは美術の方から出てきたアイディアで、教団の名前を箱舟とつけたこともあって面白いなと思って、そのアイディアをいただきました。

男性2 : あの船があったから、浅野さんが向こう岸に行ったことがあると言ったのは嘘だと思った。湖はきれいだったけど怖かった。向こうにいったら死んでしまう三途の川のようだったんですが。

是枝 : 僕もそう感じました。あの湖は生と死、両方持っていて、途中まで桟橋がかかっていておもしろい。あのシーンのセリフは、2人のアドリブなんですよ。10分間ぐらい話してもらって、あなたが言ったように、あのやり取りから"向こう側"に別の意味が生まれるかなと思って入れたシーンなんですよ。


(ここで 「様子を見に来ただけ」という撮影監督の山崎さんが監督から紹介される)


是枝 : 今回山崎さんはほとんどカメラは手持ちで、湖や山道を一度も転ばずに撮りきってくれました。ライトも使わず自然光で。スタッフの中で群を抜いて最年長だったんですが、一番元気ですばらしい撮影でした。ありがとうございました。(場内から拍手)

みなさんの中で『ディスタンス』が、膨らんだり広がったりしていけばと良いなと思っています。遅くまでありがとうございました。  


teaching 2001.06.12
スポンサーサイト
この記事のURL | Movie | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。