スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
゚・:*:・。 RADIO 。・:*:・゚
- 2010/05/11(Tue) -
5月3日放送

熱海の文化財で緊張の中撮影した「パーマネント・トラベラー」の回のドラマの生セリフで番組が始まる
斉藤工にとってARATAは10年以上前のモデル時代から憧れの先輩
「20世紀少年」「渋谷」では打ち上げで会う機会があっただけで、現場で一緒に芝居・・・
というのはなかなか無かった

000503.jpg

ARATA:お互いに小僧だね
工:役者として再会できて、本当に本当に嬉しく思っています


撮影が終わった後にデザイナーとしての制作に取り掛かることも少なくなく、
そのスウィッチの切り替えは「香り」と「音楽」

作品ごと、その役ごとにテーマとなる香りと音楽を決めている
「チェイス」で演じている村雲の香りは、ベルガモット

「最初はユーカリ・ミント ハーブ系だと思ったけどしっくり来なかった
役柄・ビジュアルはあんなだけど(笑) 心の奥底は沸々と元気がある感じなのかなっと思って」



役柄に合わせて自分でイメージソングを作る それを聞くとモードが入る 
役の履歴書を作る役者さんもいるが それを【音楽】でする
モノ作り用の【音楽】もある

そして村雲をイメージ゙した音楽は・・

『同じ月をながめ/田中雄一郎』

今回の撮影で背中を押してくれた歌
田中雄一郎さんとはお友達 
映画『ハブと拳骨』の原案・音楽・クリエイティブディレクター
『トムヤムサムライ』としてタイでも活躍

『HARB MAN DUB/THE SKATALITES』
10~ 20代にDJをやっていて 60年70年代古い音楽をかけていてその時に出会った音楽
村雲役柄にリンク 「熱」の部分を表していた曲

モノ作りの音楽と役柄に合わせた音楽が別にある
漠然としたテーマ 民族っぽいデザインだったら 民族音楽っという感じ

レコードとかもPCに落としているから莫大な音楽データがある
音楽で世界観 今回何がやりたかったのか 見る人が見るとわかる


工:逆にJ-POPは聴かないんですか?
ARATA:J-POPは・・・・・・
工:Mステーションとか見ないですよね?
ARATA:タモリさんは大好きだけど・・・
工・ARATA:(笑)



同世代 古い仲間の音楽は聴く
人から入る 尊敬できる人とかのやっている音楽だとどんな音楽でもスッと入ってくる

「物語を頭の中で作って行って エンディングはやっぱりコレでしょ!って考えながら聴く」
「頭の中で流れがわかっちゃった時にシャッフル使うとびっくりするね」 



ARATAのIZMは・・・

ノンポリであることがIZMだったりするんだけど
(いろんなモノ作りにおいて)情熱をかける度合いによって成果が大きく変わってくる
という言葉を常に持っている



************************************

5月10日放送分

第4話「復讐」の生セリフで番組開始
佳境に入ったドラマの様々な形の「愛」にかけて、今回はARATAのこよなく愛しているもの紹介


20代の頃は外に目が行きがちで海外に旅行されていたが 
旅行先で「日本を教えてくれ」と聞かれ漠然としか答えられなかった 
だからここ5年くらいは国内を動こうと思い時間があったら興味のある場所に行っている
行き続けていたら写真が膨大に溜まり 形にしたのが【日本遊行】
雑誌『GO OUT』での連載するほどアウトドア好き  最近は、山登りが大好き

雑誌【BRUTUS】で山の特集があり、自然の中に立っているARATAがあまりにも画になっていて
工の両親が「この人はスゴイ!何か悟っている」っと言っていた

ARATAの好きな人物BEST3

3位 役小角(エンノオズヌ)
自分(ARATA自身)が登る山って霊山とか行場が多い 修験道を作った人

2位 円空
僧侶 修行として円空仏を全国12万体掘り続けた人 デザインが短縮されている

1位 葛飾北斎
説明が不要なくらい好き 3人の中で一番我が儘に生きた人 
最後の言葉 「あと10年生きられていたら自分が求めている完成体に成れたのに 満足して無い」 
貪欲さがすご過ぎ

人間性を知って尚且つその人の生み出す物の魅力が増したり そこからまたエネルギーをもらったり・・・ 

工:仏顔ですよね ARATAさん 理由が解りました
ARATA:仏顔~初めて言われた(笑)



10日の曲目

『CAUSE I LOVE YOU/LENNY WILLIAMS』

役作り・背景を曲で構築するプレイリストの中に入っていた曲
村雲が背負っているある人への愛情を表現してくれていたのはこの曲

『ANGEL/田中雄一郎』
村雲のテーマソングの一つ ヘビーローテーションしていた


工:5・6話村雲の愛情の部分がキーワードになってきそうですからね
ARATA:みどころは5話からの喜一と村雲の関係がいっきに動き出す 
      どちらに動くのかはみてのお楽しみですね!
ARATA:撮影は楽しかったですか?工くんは
工:楽しい現場でしたっ!
ARATA:楽しい現場だったよね


個人的に呼ばれてお仕事した感じでは無かった 映画みたいな現場
二人の願いはこの作品が今後も残っていくこと


映画・ドラマの仕事以外にも
江戸東京博物館で9/22~11/14まで開催されて特別展【隅田川~江戸が愛した風景~】にて
音声ガイドのナレーションを担当

ARATA:美術館の仕事に携われるのがすごい嬉しい


10050302.jpg

5/3 放送分 5/10 放送分




スポンサーサイト
この記事のURL | TV | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。