スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Île de Gorée
- 2009/08/15(Sat) -


気持ちの良い波間で子供が遊ぶ。太陽は澄んだ空に輝き、影さえも作ろうとはしない。
ここはセネガルのゴレ島。
かって奴隷が集められ、新大陸へと送られた島。
今は世界文化遺産として、歴史を学ぶ拠点となっている。
多くの学生達が訪れ、自分たちの祖先のつらい歴史を学んでいる。
でも、子供達の目の輝きは、失せてはいない。授業が終われば無邪気に遊んでいる。
このダカール沖のゴレ島から、大陸に戻り、内陸に行くと乾いた大地が広がっている。
かってピーナッツオイルの生産地だった所も干ばつで変わってしまった。
延々と北に走る道路を車で走っていると、やがてバオバブの木が見えてくる。
乾いた大地のあちらこちらに、まるでオブジェのように立っている。
奇妙な風景を見ながら、眠りに落ちる。乾いた空気に見た夢は奇妙な夢であった。
バオバブと話をしている。

2009年8月15日 J-wave 「THE VOYAGE」
スポンサーサイト
この記事のURL | Others | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。