スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#3
- 2011/12/23(Fri) -
榮倉さん、菅野さんとご一緒するのが初めてで、
まずはお二人と共演できることに「面白そうだな」と興味をひかれました。
そして、第一話の脚本を読み、直子、彩、雅人の3人が破綻に向かって行くのか、
それとも光が見える展開になるのか、
先のストーリーが全然読めないことにも面白さを感じました。
と同時に、雅人のような役を演じるのも初めてのことですし、
これは難しい役になるな、と思いました。


雅人は、ごく普通の男性なんです。
そんな男が、二人の女性に求められ、彼女たちの間で揺れ動くとなったときに、
それをどう表現していけばいいのか、当初は良く分かりませんでした。
ある程度の想像はできても、これは実際にやってみないとわからないと思いました。
そんな中クランクインしたのですが、
初日は雅人が故郷である岡山県の牛窓からということもあってか、
実際に榮倉さん、菅野さんと言葉を交わしてみたら、
不思議なくらいパッと距離感がつかめたんです。
それはお二人がしっかりとお芝居を作っていらっしゃたからだと思うのですが、
早い段階でそんな感覚に慣れたのはよかったです。
これから雅人がどう変化して行くのか、僕自身も楽しみにしています。


榮倉さんは、こちらが投げかけたものを自然に受け返してくれる方ですので、
楽しいときは楽しく、辛いときは辛いまま、お互い相手の芝居を受けていれば
直子と雅人の関係は成立するなと感じています。
実際、直子と雅人が対峙しているシーンを見て、
そこに叔父と姪という長い年月をかけて作られた関係性が自然と出ているなと思いました。

それはなぜかと言えば、榮倉さんが直子と言う役にちゃんと血を通わせているから、
直子として自然にそれでいてきちんと存在できているから、
ああいうお芝居になっているじゃないかと感じています。

菅野さんご自身がすごく熱い方で驚かされました。
自分の役柄に対してはもちろん、キャストやスタッフ、そして作品全体に対して、
ものすごく情熱を傾ける方なんです。
それでいて撮影の合間には、素顔のご自身を包み隠さず見せてくださる、
人間としてもとても魅力的な方なんです。
僕としては、そんなお二入の間でお芝居を受けながら、
だんだん雅人と言う人間が構築できているような感じがしています。


雅人にとって直子はあくまでも姪という存在なので、
姪と男女の関係を作っていくということは現時点では考えられないと思います。
普通なら、直子の気持ちを知ってしまったときにそれまで築いてきた距離感も崩壊してしまって、
直子と過ごす時間は辛いものでしかなくなるだろうなって。
でもその反面、純粋に強く求められるということは、
男として人としては幸せなことだろうとも思うんです。
そんな微妙関係の中で、幸せを見出せたらいいのですが・・・。

一方、彩のような才媛を素敵だと思うのは男なら普通の感覚ですよね。
そんな女性と生活を共にしてすれ違いが生じたときに、
そこを乗り越えようと努力するのか、あるいは我慢しながら一緒に生きて行くのか、
それても諦めてしまうのか、雅人がどんな選択をするのか興味があります。


(雅人は、いずれその選択を迫られることになる)そうだと思います。
でも、選べる環境にいるというのがズルいですよね。
本当に誠実な男だったら、直子の気持ちを知った時点で二人の前から消えてもいいのに、
それをしないってことは、男ならではのズルさと甘さがあるんだと思います。
悪いのは直子か彩か、という議論になりがちかもしれませんが、
一番ダメなのは雅人なんじゃないかって個人的には感じています。


(一人の男性を巡ってバトルを繰り広げる二人の女性について)
脚本でも緻密に描かれているので、読んでいてドキッとします(笑)。
いろんなものを組み立てて仕掛けてくる彩と、
純粋だけど社会のルールを無視してでも真っ直ぐに突っ走る直子、
どちらも極端な女性像を描いているのかな、とは思いますが、
ああいう嫉妬心は男にもあるものだと思いますので、理解できないことはないですが・・・
やっぱり知りたくないことではありますよね。
今後二人がどうなるのか、気になりますが、
あまり恐ろしいこといになると、僕の体と心が持たなそうだな、と感じています(笑)。


確かクランクインする前だったと思いますが、
演出部サイドが今回はディープな作品ではあるけれど、現場は楽しく過ごしていこうと言っていた、
と榮倉さんから聞いたんです。
僕自身、最近演じた役が犯罪者だったりすることもあって、孤独に現場を過ごすことが多く、
普通に楽しく過ごすということを忘れてしまっていました。
ですから、今回のようにスタッフ、キャストが笑顔で過ごせる現場は久しぶりですし、
雅人のようにしっかりと役柄を作っていくお芝居も久しぶりですので、
そこを存分に楽しみたいと思っています。
視聴者の方には、直子、彩、雅人のどんどん複雑になって行く関係と距離感を楽しんで、
今後の展開にご期待いただけたら嬉しいですね。


 「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」

 「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#2
スポンサーサイト
この記事のURL | TV | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。