スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「Limit-刑事の現場2-」
- 2009/07/11(Sat) -
limit2 (1) limit2.jpg limit2 (2) limit2 (3) limit2 (4) limit2 (5) limit2 (6) limit2 (7) limit2 (8) limit2(9).jpg limit2(10).jpg



-「黒川真治」という役どころについてどう思いますか?

ARATA:黒川は、梅さんの恋人を殺害し、18年の刑を終えて出所。
自分が刑務所に入ったのも大きな闇を抱いてしまったのも全て、
家庭での虐待、職場でのいじめ、信じていた人間からの裏切りと思い込み、
復讐に取り憑かれた男を演じました。


【愛を求める男】

黒川は、不幸な事に、もしかしたら誰よりも一途に、
人間のあたたかみや愛というものを求めているのではないでしょうか。
黒川の行動を肯定する事はできませんが、愛を求める姿が、純粋すぎるというか、
動物的というか、もっとも人間らしいのではないかと。
黒川の闇は理解しがたいように映りますが、
実は、誰もが持つ闇の部分が人よりも大きいのであって、
凶悪な殺人者のようなマインドを持っている犯人とは異なるように思いました。
現代社会に巣食う大きな闇を映した存在なのだろうと。
人間には闇を押さえるための理性がありますが、
その理性こそ傷つきやすくて壊れやすいものではないでしょうか。
偽善的な理性や抱える闇が大きければ大きいほど、
黒川のように壊れた時の反動が大きくなるのではないでしょうか。


【梅木は最も黒川を理解してくれる存在】

愛情は憎しみに変わるし、黒川のように憎しみが愛情にも変わる。
梅さんの復讐心が黒川に向けられた結果、
黒川は憎しみという感情で初めて人間と対峙できました。
それが復讐心であれ何であれ、
梅さんが誰よりも黒川と向き合ってくれたからこそ、
憎しみを通り越して愛情を感じるほど価値のある、
特別な存在になったのではないでしょうか。
それを象徴するシーンは、愛に飢えた黒川がビルの屋上で梅木と電話をしながら
涙を流すシーン(第4回放送)。
18年間自分と同じように不幸を味わい、たとえ復讐心だとしても、
自分を想ってくれていた人がいたという事実に、
得も言われぬ喜びを感じてたからこその涙だと思います。
黒川にとって梅さんは、最も自分の事を理解してくれる存在、
だからこそ愛おしいのではないでしょうか。


-黒川の役作りで気を配った点はどこですか?

ARATA:黒川という人間を表現するにあたって、
わかりやすいキャラクターだからこそ、
ただ狂気に走った人間として描くのではなく、
抱える闇の大きさは理解しがたいほど深いものにしようと思いました。
誰からも共感されてはいけないほどの深い深い闇に。
しんどかったけど、役者冥利に尽きるやりがいのある役でした。


-黒川のスタイリングは、ARATAさんご自身がされましたと伺いましたが。

ARATA:スタイリングについては、NHKスペシャル『最後の戦犯』(2008年放送)
の時にもお世話になり、絶大な信頼を寄せている“衣装部のお父さん”こと内海さんと、
自分の私物などを織り交ぜながら細かく決めていきました。
着たい服を着て芝居ができると自然とテンションも上がります。
おかげで、黒川という役柄を最高の状態で最後まで走り抜けられました。
本当に感謝です。


-名古屋の収録現場の様子や、他の出演者への印象はいかがでしたか?

ARATA:このドラマは重量感のある内容ですが、撮影現場にはそれぞれの部署から、
クリエイティブな良い空気が流れていて、居心地が良かったです。
なかでも撮影部のカメラワークのセンスは光っていました。
だからこそ、安心して自由に芝居に集中できました。
第4回・最終回での出演にも関わらず、武田さん、森山君、加藤さん、
そしてモロ師岡さんをはじめ、多くの共演者の方々とセッションできた事はありがたく、
嬉しく思っています。とても貴重な良い経験になりました。


-ARATAさんから視聴者のみなさんに、最終回の見どころをどうぞ!

ARATA:愛を抱き憎しみに染まった梅さんと啓吾、憎しみに燃え愛を求める黒川。
表裏一体の3人がそれぞれどのような結末へと向かって行くのか?!
そして“茉莉亜様”は!?
このドラマが提示してきた、“善と悪”“愛と憎しみ”の総括となる最終回です。
瞬きする暇もないほどの展開に、最後まで楽しんでいただければと思っています。




DVD 発売を受けてメッセージ「リミット―刑事の現場2―」を想う

名古屋での「リミット」撮影から、早1年。

黒川真治役として、第4回と最終回のみの撮影参加でしたが、
役柄の濃さはもちろん、武田鉄矢さんや森山未來さんをはじめとする
共演者の方との熱苦しいほどのセッション!
今も、撮影時の記憶が色褪せず残っています。
2話分のドラマを撮っている感覚というより、長編のドラマ、
もしくは映画に参加しているような思いで現場を過ごしていました。

この度、「リミット」がDVD化され、より多くの方に見ていただける事になり、
大変嬉しく思います。
正義と悪、憎しみと大いなる愛の物語を通して、
みなさんの心に何らかの爪痕を残す事ができれば幸いです。
この作品にはその価値があると信じています。


リミット-刑事の現場2- HP
スポンサーサイト
この記事のURL | TV | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。