スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ボクらの時代 “届く想い 届かない想い”
- 2010/08/29(Sun) -
出演:ARATA(俳優) 寺島しのぶ(女優) 若松孝二(映画監督)
 
映画「キャタピラー」の若松孝二監督、
この作品で田中絹代さん以来35年ぶりにベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した寺島しのぶ、
そして友情出演したARATAの対談。

場所は小料理屋さんで、白いキャップをかぶってお酒や食事をしながら対談中は、
二人に気を遣って、聞き役に徹す。

~モデルから俳優になって、一時止めた時期~

もともと役者を目指してこの世界に突っ込んできたわけではなく、
自分の中では、役者ってものがわかんないままこの映画界に参加させてもらって・・・
何作目かでちょっと大きな映画をやってみて、
それは宣伝の部分だったりとか、いろんな意味で大きくて・・・
そのときに何かわかんない、自分の中で不純なものがチラチラ見え隠れしたときに、
ちょっと疲れちゃったのか、3年くらいストンとこう受けつけなくなっちゃって・・・
で、結局自分は続けたいのかと思ったときに、続けたかった・・・
続けるということは役者をやるってことだから、役者に向き合っていかなければと思って・・・


その時期に若松組の仕事となり、カチッと火がついた。

若松監督とは、相思相愛の仲。

今は犯罪者の役が多くて、イメージが固定するのではと言われるが、
とにかく何でもやってみて判断したい
と意欲的な姿勢。


~大阪市・2幼児放置死事件や子供へのDVについて~

夫婦で喧嘩になると、1歳の子供が間に入って止める。
その瞬間に冷静になり、頭をなでてやる。
たとえ1歳の子でも、一人の人間として向き合わなければ・・・
母親にトラウマや育児ノイローゼなどがあったにしても、
それがそういうところに直結するっていうことは、何か己の弱さ以外無いっていうか・・・
トラウマやノイローゼだったからという理由にもならないし・・・
それに、周りの人たち、親戚の人とか友だちとか、何で一言言えなかったんだろう、
気づいてあげられなかったんだろう、
そういう世の中の風潮っていうものも悲しい事件だったなあ、と・・・。
 


~今の映画界について~

時代に残さなければならないものが作りづらい 
スポンサーサイト
この記事のURL | TV | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。