スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
完成披露
- 2010/04/27(Tue) -

20100427a.jpg



~~~ 記者会見にて

「こんにちは。この作品は映画史に爪痕を残すような力強い作品になっています。
そのような力強い作品に参加できたことをとても嬉しく思いますし、
坂本監督の演出の中に120%浸れたということも役者冥利に尽きる時間となりました。
なのでよりこの作品を多くの人たちに観ていただけると、とても嬉しく思います。」


- 今回は少々悪い役でしたが、演じてみていかがでしたか?

「監督の演出のもと自由に演じられたので、
テンションがMAXの状態でとてもやりがいがありました。」



~~~ 舞台挨拶にて

「最初にこの十蔵役をいただいて台本を読んだ時に、
十蔵という役柄がどうしても自分の中でピンと来ず、「監督、十蔵つかめません!」と言ったら、
監督に「そうか、ARATAならできるだろ」と軽く返されました。
それから監督が紙に十蔵の人となりを書いて、それを拝見して、
そこから一気に十蔵という役が広がっていきました。
坂本組の現場というのは、心地良い緊張感が常にある現場で、
僕の参加したシーンも全てが緊張感に包まれ、監督の作り出す現場の空気感が、
僕の中ではとても心地良かったです。自由にお芝居をさせてもらいました。
完成したものを観た時に、最初に感じたのは、
その空気感や緊張感が映像にしっかりと映っているということでした。
これから是非堪能してください。」



ここ → 完成披露記者会見

スポンサーサイト
この記事のURL | Movie | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。