スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
江戸東京博物館 特別展 「隅田川~江戸が愛した風景~」
- 2010/09/26(Sun) -
2010sumida.jpg


元記事

音声ガイドを務めると共に13点ものオリジナル商品を製作

まず始めに今回の「隅田川展」関連グッズを作るにあたり
どのようなお気持ちでお作りになられたかお聞かせ下さい。

「デザイナー・役者としての感性を養う為に、旅や美術館、博物館巡りをしています。
この江戸博にもよく足を運びます。
ミュージアムショップにグッズとして置かれていたらいいな~
と思うものを自分なりに考え作らせてもらいました。」


実際にお作りするにあたり心がけた事などありますか?

「ただ自分の好きなものだけを作ってもミュージアムグッズとしてバランスを欠きます。
クリアファイルなど自分もよく購入する欠かせないアイテムから、
滅多に売れなそうな、例えばその美術館のオーナーの趣味で作ったようなものまで
幅広く取り揃えるよう心がけました。」


なるほど~美術館、博物館通の目線ですね。まさに。
それでは今回の13アイテムの商品の中で最も思い入れのあるものは何でしょう?

「けん玉ですね。山形県の職人さんと一緒に作らせてもらいました。
玉の表面には浮世絵に描かれた隅田川上空の夜空に打ち上げられた花火のイメージが、
こけし職人によって手描きで表現されています。
いつかはオリジナルで作りたいと思っていたのでこのお話を頂いた時に
真っ先に頭に浮かんだのがけん玉でした。
『ここで作らないで、いつ作る』といった思いでした。」


職人さんとのやり取りはどのようになさったのですか?

「ものづくりは、電話やメールのやり取りで易々と出来るものではありません。
自分が山形の職人さんのところまで足を運び、
顔をつき合わせながら作ったからこそ生まれたものです。
デザインの仕事にしてもものづくりも時間のかかるものです。」



それは役者の仕事も同じですか?

「そうですね。容易にできる役はひとつもありません。
作品と役の向き合い方など自分なりに納得がいかないと出来ません。」


けん玉の他にも職人さんと共同製作したグッズあるのですか?

「はい。江戸切子や手ぬぐいを制作しました。
切子グラスは一つで隅田川をイメージできるデザインになってます。
また手ぬぐいは全て職人さんによる手染めです。
グラデーションの部分は職人さんがお湯をかけ色を落とし表現してます。
だから同じものはひとつもありません。」



手ぬぐいもまたやはり隅田川のイメージですね。

「そうです。特に隅田川下流の水面を表してみました。
夜にほんのりと情緒たっぷりの月明かりが照らし出す世界観です。」



隅田川下りもなさったのですね。

「今回、このグッズ製作と共に音声ガイドも担当させてもらっています。
隅田川を知るには何と言っても川下りです。
岩淵水門からレインボーブリッヂまで舟で下りました。
時代の移ろいによって変わってしまった場所が多い中、
場所によっては江戸時代の建造物や地形が残っていたりと新たな発見の連続でした。」


ところで、このTシャツや団扇のデザイン、寿の旧字体のようですが・・・これは一体?

「遊び心も取り入れようと、『壽』の文字をコウモリに見立てデザインしてみました。
隅田川の水面を飛び交うコウモリたちです。」



展覧会グッズとしてあり得ない、いかしたデザインのTシャツですね!

「ユニークなもの?では
広重の『大はしあたけの夕立』をそのままバスタオルにしたものもあります。
メガネ拭きにも使用するマイクロファイバー素材で出来いるので吸水性は抜群です。」


それしてもざあざあ降りの雨の絵がプリントされたバスタオルというのも実にユニークですね。

「それ狙いました(笑)
まさに江戸っ子たちの洒落、粋な感じが出ている商品だと思いませんか。」


全くです。職人さんと真剣にものづくりに取り組んだものあり、
こうした遊び心前面に出たものありと実に多彩な商品展開となっていますね。
単なるコラボグッズの粋軽く超えています。

最後にARATAさんの江戸博以外でお好きな美術館・博物館などありましたらお聞かせ下さい。

「京都の大江山にある、鬼の交流博物館でしょうか。館長の情熱が感じられます。
また和歌山県の無量寺にある長澤芦雪の『虎図』「龍図」など大好きです。」




~ARATAさんからのメッセージ~                       
江戸東京博物館は、僕の興味をかりたてる、独自の視点を持った展覧会がよく開催されるので、
以前から足を運んでいました。
とくに江戸時代の美術が好きで、葛飾北斎や広重、国芳などの展示物は毎回楽しみにしています。
今回、この江戸東京博物館の展覧会にナレーターとして参加できることになり、
ひとつの夢がかなったくらいの喜びを感じています。
僕は東京で育ち、東京で暮らしていますが、隅田川には撮影などで訪れたことがあるくらいで、
今までその歴史を深く知ることはありませんでした。
ただ隅田川周辺の文化にはとても興味があったので、
この機会が、東京を代表する川のひとつをより深く学ぶきっかけになればと思っています。


動画popstyle

スポンサーサイト
この記事のURL | Others | ▲ top
君に届け
- 2010/09/25(Sat) -
2010kimini.jpg

Trailer and ad
この記事のURL | Movie | ▲ top
Cinema Pia インタビュー
- 2010/09/14(Tue) -
2010ChasePia.jpg

映画界で欠かせない存在となったARATAが、
カリスマ的な悪役に挑んだTVドラマ『チェイス 国税査察官』。
俳優生活10年の集大成とも言える本作に懸けた想いをたっぷり語ってもらった。


自分の中の壁を“壊して”未体験のフィールドへ

すでにデビューから10年が経っているのに、
映画界におけるポジションやイメージが固定されていない謎めいた俳優、それがARATAである。
主役をやってのけたかと思えば、小さな脇役もこなす。
自らの個性を強烈にアピールするわけではないのに、
いつの間にか“確かにそこに存在している”と思わされる神出鬼没ぶり。
気がつけばもはや日本映画界に欠かせない俳優となった彼が、
驚愕の新境地といっても差し支えないであろう役柄に挑んだ話題作が『チェイス 国税査察官』だ。
あの『ハゲタカ』を生んだNHK土曜ドラマ枠で放送され、大反響を呼んだ社会派エンターテインメント。
具体的な中身について聞く前に、07年まではほぼ映画だけに出演していたARATAが
TVドラマに関心を持つようになったきっかけを尋ねた。


「僕はもともと役者志望ではなくて、デビュー当時は右も左もわからない状態だったんです。
その頃は芝居より映画制作というもの作りの現場に興味があって、
役者としての心構えが全然固まっていなかった。
そんな僕にもできることは何かと慎重に出演作を選ばせていただきながら、
さまざまな監督や共演者との仕事で刺激を受け、
少しずつ芝居の面白さを発見してきたんです。
するとここ数年、新たな欲が出てきたんですよね。
自分が作品に参加してどんな楽しみを得られ、何を残すことができるか。
共演者とどんな化学反応を起こせるか。
つねに役者として大切にしているこれらの根っこの部分は何も変わっていませんが、
自分の中の壁を壊して、映画以外のTVや舞台などでも新しい挑戦をしたい
と思うようになったんです。
そんなとき偶然出会ったのが『チェイス…』でした」


激烈な感情がほとばしる悪役を生んだ“崩し”の芝居

ARATA扮する村雲修次は、“カリブの手品師”との異名を持つ天才的な脱税コンサルタント。
マルサ、すなわち国税査察官の調査の目をかいくぐり、
顧客のために巨額のマネーを自在に動かす裏社会の男である。


「脱税コンサルタントと聞いても最初はピンと来ませんでしたが、
役作りの入り口は意外にすっとクリアできましたね。
こういう役はあまり前例がないですし、身近にも存在しないので(笑)、
自由に想像して創っていいんだと割りきれたんです。
ある程度の軸さえ決めておけば、人によってどんどん芝居を変えていって、
様々な表情をのぞかせていける役なんですよね。
ただ台本の印象では、まるで絵に描いたような悪役に思えたので、
そのまま演じたら視聴者が飽きてしまうかなと。
だからこそ無機質、冷酷、無感情に見えるこの役柄を“いかに崩すか”が、
今回の僕のテーマだったんです」



ここで言う“崩す”とは、観る者の予想やイメージを“裏切る”ことにほかならない。
第1話ではいかにも非情なヒールとして登場する村雲は、
復讐や宿命の対決といった劇的なエピソードが濃縮された猛スピードのストーリー展開の中で、
驚くべき変容を遂げていく。
むろん善人になるわけではなく、破滅に向かって真っしぐらの壮絶なる悪役として!


「最終の第6話に向けて幾つも伏線を張っていける役だったので、
とてもやりがいを感じましたね。
一見感情が欠落しているようなこの男こそが、
実は最も感情に満ち溢れているんだということを、
言葉ではなくいかに芝居で表現するかが重要でした」



10年間の経験があったから主人公の奥行きを表現できた

キャラクターの内側から感情が溢れ出す。
これ自体はごく当たり前のことだが、ARATAが演じるとなると俄然インパクトが増す。
過去の映画出演作、例えば『空気人形』あたりを観てきた人はおわかりだろう。
ARATAは登場人物の感情を“説明する”演技を、ほとんどしない俳優である。
その彼が、かつてないほど激烈に感情がほとばしる演技の領域に踏み込んだことで、
村雲という悪役にただならぬ凄みが宿ったのだ。


「これまで映画で学んだのは、
芝居に説明とか答え合わせのようなものは必要ないということなんです。
僕らが普段生活している日常って、決して説明のつくことばかりではないし、
そうしたリアリティを表現するのが映画だと思っているので。
その点、今回の芝居は明らかに違います。
観客に何かを感じてもらうきっかけを作るのが映画の芝居だとすれば、
このドラマでは観る人にさまざまなことを考えてもらうように、
よりデフォルメした芝居で多くの要素を投げかけています。
この役は以前の僕では演じられなかったでしょうね。
10年間ゆっくり時間をかけて培ってきたことを生かせたからこそ、
村雲の奥行きを表現できたんだと思います。
これまで感情をあえて隠す芝居をしてきたぶん、楽しさをより楽しげに、
悲しみをより悲しげに、シンプルに演じられたこのドラマは、
役者として本当に勉強になりましたね」



取材中に印象深かったのは、内なる自己を“壊し”、役柄を“崩す”という試み。
端正な容姿、穏やかな口調とのコントラストを成すその挑戦的な言葉は、
まだまだいかようにも変わりうるであろう今後のARATAのさらなる活躍を予感させる。

『チェイス 国税査察官』/ARATAインタビュー
この記事のURL | TV | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。