スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
゚・:*:・。 Special Interview 。・:*:・゚"
- 2010/05/22(Sat) -
chase09.jpg c20100601.jpg


*スペシャルインタビュー 前編 → ここ

*スペシャルインタビュー 後編 → ここ

chase02.jpg chase03.jpg chase04.jpg chase05.jpg chase06.jpg chase07.jpg chase08.jpg chase10.jpg chase11.jpg chase12.jpg chase13.jpg chase14.jpg chase15.jpg cs15.jpg


Q. 村雲という役をどう感じたか

まずは人物像としてすごく魅力的なキャラクターだったので、
たくさんイメージがわいてくる役柄でした。
僕は子供の頃から、ヒーローものを見た時にダークヒーローに感情移入することがありました。
“光り輝くもの”も素晴らしいんですが、それを“光輝かせる陰”の方にも興味があります。
村雲という役はまさに“陰”を全て背負っている役柄なので芝居をしていても面白かったですね。
最初に本を読ませてもらった時に、どういうふうにも転んでいけそうな、
ふり幅の広い役だと感じましたし、つくりがいのある役でした。



Q. 村雲の人物像の最初のイメージは

最初の印象は、人間くささがほぼないような人物像が浮かび上がってきて。
ロボットみたいな。だから春馬さんと対峙したときに面白くなるんだろうなと思ったんです。
無機質で、スキームを進行していくのみの無感情な人物かなと。
けど、それだけではふり幅や奥行きが無くなり面白くないなと。
もう少し“人間の血を入れていく”ことを意識しました。
恐怖を感じたり怒りをあらわにしたり。
(シーンごとに対峙する)相手によってもまた村雲の対応が変わってきていたので、
その一人ずつのバランスや本質は何なのかなと。
演じていくうちに見えてくるところも多くある役でしたね。
歌織にしても基一にしても、正道さんにしても、
微妙に対応のニュアンスとかが変わってきていて、
どれが本当の村雲修次なんだろうと演じながら自分でもわからなくなるくらい(笑)。
でも、だんだん人間の血が入っていくことによって、
村雲の最初の印象“ロボットっぽい無機質な感じ”が自分の中で昇華されていったというか、
“人間になっていってる”というのもやりながら実感していきました。



Q. 「人間くささ」を出すために苦労した部分

逆に1日空いたりするのがつらいぐらいでしたね。
ずっと毎日撮影していたい。それぐらい気持ちも向かっている役柄だったので。
村雲修次は左手が義手なんですが、撮影に入るにあたって自分の左腕でゼロから作っていただいて。
義手のお芝居というのは初めてだったので、
入る前までは義手の動きなどが身につけていけるのかという不安はありましたが、
義手だから芝居がどうの、というのは一切なく進行しましたし…
大変なところというのは…あるはあるのですが…
それを楽しんでいましたね、どちらかといえば。



Q. 脱税コンサルタントという特殊な職業を演じる上での意識

あまりにも自分からかけ離れた仕事をしているので、
想像するしかないんです。想像して、自分でブレない一本の線を作っていきました。
だからヒントやさぐっていく素材は必要ありませんでしたね。
ビジュアルイメージは監督が本当にこだわってくれて、
スーツもさまざまな中から選び出して村雲というイメージを作っていきました。
時間はかかったと思います。
実は一辺倒のようで、全体の流れの中でいろいろと髪型や洋服も変わっていきました。
村雲を演じる上で、ツーブロックの髪型は僕の強いこだわりです(笑)



Q. スーツのARATAさん、非常に新鮮ですね。

僕も新鮮でした(笑)。
こんな長くスーツ着ているときは、あまりないですからね。



Q. 村雲にとっての歌織とは

実は歌織との関係というのがお芝居をしていて一番難しくて。
麻生さんとは様々な現場を共に過ごしてきたので、
絶対的な安心感と信頼感を持ってお芝居ができる仲。
ですがというか、だからなのか、歌織との関係性が一番難しかったです。
(ドラマに描かれていない過去で)まだ村雲自身が“自力で再生していこう”
としていた時に歌織と出会っていて。
それがありながら、また180度変わった村雲と再会。
目的のためには手段も選ばず、冷徹にスキームをこなしていく男に
唯一信念がくずれてしまうぐらい自分の中に入ってくる女性でもあるわけです。
歌織という人物が持ってる好奇心…普通の女性ではないんですよね。
普通の主婦であれば村雲の信念がくずれ落ちはしなかっただろうけれども、
歌織が村雲の抱える闇を受け止めることが出来る女性でもあるだろうし。
ビーチで会話するシーンで「私もそっちに連れてってよ」と言われるんですが、
普通の女性に言われるものではない…というか。



Q. 歌織は村雲にとって制御できない相手?

そう、歌織は制御不可能ですね。
自分で再び受け入れたものの、最大の弱点にもなっていきますし。
基一との関係でうまく使ってもいくけれども、諸刃の剣のような存在ですね。
歌織の前でいくら強がっても強がりきれていない村雲がいる気がずっとしていて。
それをなるべく悟られないようにしてる村雲もいるんです。
ある意味、村雲の“らしさ”を守るために鏡のように歌織といるけども、
その鏡は自分の弱さも全部映していて。
なんでもない会話の中でもいろんな感情がうごめくんです。
歌織のひと言は何よりも大きかったり。
ただ単に愛してるとか好きだとかではない気がします。
母親に向けての愛とも恋人に向けての愛とも違う、友達とももちろん違って、
それが全部混ざった集合体のような存在が歌織。
だから愛してるっていう言葉は村雲と歌織の中ではまったく必要がない…
というか、そういうことではないんですよね。



Q. 中村嘉葎雄さんとのシーン、お芝居は

嘉葎雄さんとのお芝居は本当に楽しかったです。
お話しをしていく中で、恐れながら、僕と共通点がたくさんあった方です。
なかでも芝居というのは上手い下手や技術うんぬんは重要ではなく
“自分の生活がにじみ出るもの”とおっしゃっていて。
その意識の共通項を見出したときに、とても勇気をいただいたし、
父親としてそこに中村嘉葎雄さんが、檜山正道が、
“父親として”しっかり存在していてくれました。
ちゃんと2人がつながってお芝居を出来たことが、この現場での大きな収穫というか。
すごい学びをたくさん受けました。
嘉葎雄さんが何か伝えたり、教えているわけではなく僕が、
嘉葎雄さんが投げてるものを勝手に全部キャッチさせてもらってるだけなのですが(笑)
あまりにも一緒に過ごす時間が楽しくて、短い時間の中で、
父親という関係に気持ちのところから入らせてくれた嘉葎雄さんの、
人としての器の大きさに感銘しています。
嘉葎雄さんとのシーンはどれもクリエイティヴな時間でした。



Q. 村雲を演じるにあたって、一番大事にした部分

スキームをやろうが何をやろうが、村雲という人格=人間性が構築された一番は、
母親がすべてだと思うんです。
言ってみれば極端なマザーコンプレックスというか。
村雲が動いていく裏には、突き動かされてるものが母親への何らかの想いであろうということは、
とにかく常に思って演じていました。


木彫りのバラは、映像で何度か登場していますが、
村雲は常に胸ポケットに忍ばせていて、あれは母への想いの象徴なんですよね。
檜山正道が父として存在することもありながらも、それを凌駕しているのが母への想い、
それがあるからこそ、正道に非道になれるし、基一に対してもどこまでも手のひらで転がそうとする。
だからこそ春馬と村雲は対極に見えるのだろうし。


ただ、歌織はその中でもまた特別な存在だったというのは
唯一の母以外の女性でその想いを一番悟られてしまいそうな人で、
だから特別なんですかね。
たまたま脱税コンサルタントの仕事をしているけれど、それはあまり重要ではなく、
母親への想いから構築されてしまった人間、それが村雲修次だと。
一番大事にしたのは、母親への想いを常に持ち続けることでした。


スポンサーサイト
この記事のURL | TV | ▲ top
゚・:*:・。 RADIO 。・:*:・゚
- 2010/05/11(Tue) -
5月3日放送

熱海の文化財で緊張の中撮影した「パーマネント・トラベラー」の回のドラマの生セリフで番組が始まる
斉藤工にとってARATAは10年以上前のモデル時代から憧れの先輩
「20世紀少年」「渋谷」では打ち上げで会う機会があっただけで、現場で一緒に芝居・・・
というのはなかなか無かった

000503.jpg

ARATA:お互いに小僧だね
工:役者として再会できて、本当に本当に嬉しく思っています


撮影が終わった後にデザイナーとしての制作に取り掛かることも少なくなく、
そのスウィッチの切り替えは「香り」と「音楽」

作品ごと、その役ごとにテーマとなる香りと音楽を決めている
「チェイス」で演じている村雲の香りは、ベルガモット

「最初はユーカリ・ミント ハーブ系だと思ったけどしっくり来なかった
役柄・ビジュアルはあんなだけど(笑) 心の奥底は沸々と元気がある感じなのかなっと思って」



役柄に合わせて自分でイメージソングを作る それを聞くとモードが入る 
役の履歴書を作る役者さんもいるが それを【音楽】でする
モノ作り用の【音楽】もある

そして村雲をイメージ゙した音楽は・・

『同じ月をながめ/田中雄一郎』

今回の撮影で背中を押してくれた歌
田中雄一郎さんとはお友達 
映画『ハブと拳骨』の原案・音楽・クリエイティブディレクター
『トムヤムサムライ』としてタイでも活躍

『HARB MAN DUB/THE SKATALITES』
10~ 20代にDJをやっていて 60年70年代古い音楽をかけていてその時に出会った音楽
村雲役柄にリンク 「熱」の部分を表していた曲

モノ作りの音楽と役柄に合わせた音楽が別にある
漠然としたテーマ 民族っぽいデザインだったら 民族音楽っという感じ

レコードとかもPCに落としているから莫大な音楽データがある
音楽で世界観 今回何がやりたかったのか 見る人が見るとわかる


工:逆にJ-POPは聴かないんですか?
ARATA:J-POPは・・・・・・
工:Mステーションとか見ないですよね?
ARATA:タモリさんは大好きだけど・・・
工・ARATA:(笑)



同世代 古い仲間の音楽は聴く
人から入る 尊敬できる人とかのやっている音楽だとどんな音楽でもスッと入ってくる

「物語を頭の中で作って行って エンディングはやっぱりコレでしょ!って考えながら聴く」
「頭の中で流れがわかっちゃった時にシャッフル使うとびっくりするね」 



ARATAのIZMは・・・

ノンポリであることがIZMだったりするんだけど
(いろんなモノ作りにおいて)情熱をかける度合いによって成果が大きく変わってくる
という言葉を常に持っている



************************************

5月10日放送分

第4話「復讐」の生セリフで番組開始
佳境に入ったドラマの様々な形の「愛」にかけて、今回はARATAのこよなく愛しているもの紹介


20代の頃は外に目が行きがちで海外に旅行されていたが 
旅行先で「日本を教えてくれ」と聞かれ漠然としか答えられなかった 
だからここ5年くらいは国内を動こうと思い時間があったら興味のある場所に行っている
行き続けていたら写真が膨大に溜まり 形にしたのが【日本遊行】
雑誌『GO OUT』での連載するほどアウトドア好き  最近は、山登りが大好き

雑誌【BRUTUS】で山の特集があり、自然の中に立っているARATAがあまりにも画になっていて
工の両親が「この人はスゴイ!何か悟っている」っと言っていた

ARATAの好きな人物BEST3

3位 役小角(エンノオズヌ)
自分(ARATA自身)が登る山って霊山とか行場が多い 修験道を作った人

2位 円空
僧侶 修行として円空仏を全国12万体掘り続けた人 デザインが短縮されている

1位 葛飾北斎
説明が不要なくらい好き 3人の中で一番我が儘に生きた人 
最後の言葉 「あと10年生きられていたら自分が求めている完成体に成れたのに 満足して無い」 
貪欲さがすご過ぎ

人間性を知って尚且つその人の生み出す物の魅力が増したり そこからまたエネルギーをもらったり・・・ 

工:仏顔ですよね ARATAさん 理由が解りました
ARATA:仏顔~初めて言われた(笑)



10日の曲目

『CAUSE I LOVE YOU/LENNY WILLIAMS』

役作り・背景を曲で構築するプレイリストの中に入っていた曲
村雲が背負っているある人への愛情を表現してくれていたのはこの曲

『ANGEL/田中雄一郎』
村雲のテーマソングの一つ ヘビーローテーションしていた


工:5・6話村雲の愛情の部分がキーワードになってきそうですからね
ARATA:みどころは5話からの喜一と村雲の関係がいっきに動き出す 
      どちらに動くのかはみてのお楽しみですね!
ARATA:撮影は楽しかったですか?工くんは
工:楽しい現場でしたっ!
ARATA:楽しい現場だったよね


個人的に呼ばれてお仕事した感じでは無かった 映画みたいな現場
二人の願いはこの作品が今後も残っていくこと


映画・ドラマの仕事以外にも
江戸東京博物館で9/22~11/14まで開催されて特別展【隅田川~江戸が愛した風景~】にて
音声ガイドのナレーションを担当

ARATA:美術館の仕事に携われるのがすごい嬉しい


10050302.jpg

5/3 放送分 5/10 放送分




この記事のURL | TV | ▲ top
゚・:*:・。INTERVIEW。・:*:・゚
- 2010/05/07(Fri) -
10050701.jpg 10050702.jpg


人間の血を入れる

まっさらな麻布のような人だ。穏やかなたたずまいは恬淡(てんたん)として、俗情とは無縁に見える。
だがひとたび画面に現れると、作品により激情の赤にも悪意の黒にも染まり、
どんな癖のある役も自在に表現する。
そんな俳優、ARATAが挑むのは「チェイス 国税査察官」で
査察官の春馬(江口洋介)が追う、村雲修次。
復讐に生涯を捧(ささ)げ、共犯者の歌織(麻生久美子)と共に、
基一(斎藤工)が父・正道(中村嘉葎雄)から相続する巨額の資産の脱税をたくらむ、
脱税コンサルタントだ。

「最初に浮かんだのは、人間味のほとんどない無機質な人物像です。
淡々と仕事をするロボットのような男。
春馬と対峙(たいじ)したときの対比が面白いと思いましたし、早い段階で、
村雲が自分の中にスッと落ちていく感覚がありました。
でも演出チームの方々とそれぞれお話をし、共演者の皆さんと芝居をしていく中で、
さらに人物像が広がっていったんです」


彼はその過程を「人間の血を入れていく感じ」と言い表す。

「村雲は相手によって、微妙に対応のニュアンスが変わるんですよ。
歌織への対応、基一への対応、正道への対応、どれが本当の姿か
模索しながら演じるうちに、村雲という役を僕が消化して、血が通うのを実感しました。
深い悲しみや怒りといった“人間”の部分を演じるのは、とてもやりがいがあります」



難しい芝居の連続

村雲にとって鍵となるのが、歌織。かつての恋人で、今は共犯関係となった女性だ。

「歌織との芝居が、いちばん難しかったですね。
どう対峙すればいいか、わからなくなるときがあるんです。
なぜなのか理由を考えてみたんですが、1つには、復讐に身を投じる前の村雲を
知っているからなのかな、と。
だから歌織の前では、強がっても強がりきれない」


歌織は村雲の内面に深く切り込んでくる存在でもある。
何気ない場面でも、2人が向き合えば、さまざまな感情がうごめく。

「表向き、村雲は歌織をうまく脱税に利用しているようですが、
実は彼女を制御できていないんです。
恋愛でも友情でもない、でも深いところで求めあっている……。
難しい芝居の連続でしたが、歌織役の麻生久美子さんとはこれまでいろんな現場で
ご一緒してきたので、安心して取り組めた部分はあります」


そして今週放送の第4回にはもう1人、重要なシーンで共演した相手がいる。正道役の中村嘉葎雄だ。
村雲と正道に関係があることはにおわされていたが、ついに2人の因縁が明かされる。

「中村さんとの芝居は、本当に刺激的でした。
中村さんは『芝居で大事なのは技術ではない。芝居には自分の生活がにじむものだ』
という考え方を持っていらして、僕もまったく同じだったんです。
それがわかったことで、中村さんをすごく身近に感じられたし、
そのおかげで2人が1本の線でつながっていられたように思います」



核は母への思い

撮影が1日空くとつらいくらいだった、というほど入り込んだ役。
演じるうえで最も大事にしたのは何かと聞くと、ARATAは不意に口をつぐんだ。
じっくり言葉を吟味する沈黙の後、唇からこぼれたのは
「母親の存在を、常に意識し続けることです」という意外な言葉だった。

「村雲は母親への愛情や憎しみといった、さまざまな思いから構築された人物だと思うんです。
言ってみれば極端なマザーコンプレックスですね。
脱税コンサルタントという職業は特徴的ですが、演じるうえでは余り重要ではなくて……。
村雲修次という人物の核にあるのは、母への思い。
それだけはいつも胸に留めておこうと決めていました」


この言葉が本当の意味で視聴者の胸に迫るのは、クライマックスに向かうドラマの後半戦だ。

「第4回は、大きく物語が展開するターニングポイント。
ここから登場人物全員の運命が一気に動きだします。
いろんなエピソードを思いっきり深読みして、楽しんでほしいですね」


*STERA interview


この記事のURL | TV | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。