スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
YOL VOICE interview
- 2008/09/26(Fri) -
hebi01 hebi02


――本作の出演の動機はなんですか?

「蜷川幸雄監督の世界観を体験したかった、それが一番の理由です。
蜷川監督と最初のオーディションでお会いした時は、積極的に話をして僕を外側から見る
というより、遠くのほうから僕の内側を見ている、という感覚を受けました」


――実際に、蜷川監督と一緒にお仕事されていかがでしたか?

「最初と最後で印象が変わるということはありませんでしたが、クランクインの前に
『演出とは全く違う、映画を撮影するということはプレッシャーだし怖い』というお話をされたん
ですよね。蜷川監督は『何でも来い』『何でも向かってやる』と思える強いハートの持ち主だ
という印象を勝手に抱いていたので、とても意外でした。役者にもナーバスな部分をちゃんと
曝け出して現場に向かっているところに、蜷川幸雄という一人の人間の器の大きさを
実感しました」


――ルイ役の吉高由里子さん、アマ役の高良健吾さんとの共演の感想は?

「吉高はとてもナチュラルな女性だという印象です。自分の感情を瞬時に、
そして自然に表現できているなぁと感じました。逆に高良くんは、表情に出るくらい演技に悩む
タイプで、よく葛藤していましたね。僕もどちらかといえば悩んでしまう方なんですけど、
彼は僕以上に繊細なハートを持っていると思います(笑)」


――ピアスや刺青などに心酔する若者の世界に、どんな印象を抱かれましたか?

「確かにこの作品には強烈な描写が多いですが、ごくごく普通の話だと思ったのが
第一印象です。主人公のルイをはじめ、アマにしてもシバにしても現代を
よく表しているのではないでしょうか」


――シバはどのような人物だと分析していますか?

「シバは見た目が過激だけど、彼の内面は決して特別なものではなく、人間の<闇の部分>
を広げただけに過ぎない。ハードコアな愛情表現しかできなかったり、
根底の部分を表に出さなかったり…そんな行動は、繊細さの裏返しのように感じる
んですよね。人間が持つデリケートな部分を集めた存在が、シバなんじゃないかな。
また、彼の洋服や刺青をすべてディレクションさせてもらえたので気持ちよく芝居をすること
ができました。それも、蜷川監督が『役者は自分が一番気持ちいい状態で演じるべきだ』
と仰ってくれたおかげです」


――ファッション雑誌のモデルやデザイナーとしての活躍は、今回の役柄にも活かされましたか?

「そうですね、自然とそのキャリアも活かされたと思います。モデルが服を見せる筋肉の使い方
というのは、演技で動かす使い方とはまた違うんですよ。たとえば、台詞が全くない動きや、
芝居ではなく空気でみせる動きを求められることもあるので、そこでモデルとして培った立ち振る
舞いが活かされていると思います」


――吉高さんは『蛇にピアス』を一言で表すと「再生」と答えていましたが、ARATAさんにとっては?

「<破壊>ですね。
吉高の<再生>に対して僕が受けた印象ですが、中心となる3人の役者は、
今まで自分がやってきたことを破壊するような役柄ですし。それはある意味挑戦でもあって、
その挑戦は<破壊>と表裏一体だと思います。一回、自分のやってきたものを崩さないと、
自分としても役者としてもぶつかっていけなかったですね。自分の感覚を全部壊してもいいと
思えるくらいの作品に出会えたことは本当に嬉しいです」



Yomiuri On Line VOICE → ここ

スポンサーサイト
この記事のURL | Movie | ▲ top
「蛇にピアス」 
- 2008/09/20(Sat) -


「蛇にピアス」 オフィシャルHP

9/26 インタビュー

舞台挨拶
この記事のURL | Movie | ▲ top
舞台挨拶
- 2008/09/20(Sat) -
20080920.jpg hebi_08_large.jpg hebi_05_large.jpg hebi_04_large.jpg hebi_03_large.jpg hebi_02_large.jpg hebi_large.jpg hebi_11_large.jpg hebi_10_large.jpg hebi_09_large.jpg 090330.jpg 5b0a30a9a8c04fdb1f17a23a.jpg 080922_1.jpg 080922_6.jpg



■蜷川幸雄:この作品を撮れるかどうか、公開できるかどうか、心配でした。才能があって繊細な大物たちに、どうやって対応して、彼らに信用されるような演出をつけるか、悩みました。最終的には3人を盗み撮りするような感じでひそやかに撮りました。(同日公開の『アキレスと亀』」北野武監督と『次郎長三国志』マキノ雅弘監督について)もともと、自分は演劇界の人間なので映画の世界は、よそんちで遊んでいるみたいです。武さんも津川さんも親しい友人ですが、負けたくないです。

■吉高由里子:すべてが大変で、人と話し合って役作りしたのは初めてでした。高良さんとARATAさんと窓を閉めて、カーテンを閉めてしっとりと話し合いました(笑)。監督は作品を根っこから愛している感じがしました。現場では、自由に泳がせていただいたという感じです。色々あって、私が一番生命力が強かった時に撮影した作品です。初めての体験ばかりでした。(初日まで)長い死闘でした(笑)。ずっと終わらなくてほっとしなくて、今日やっと公開ですが、まだ不安です。やる側も観る側も体力がいる作品だと思います。

■高良健吾:僕が今まで演じた役の中で一番違和感のある役でした。いろいろな財産をもらいました。ハードな内容だけれど、現場はあったかくて幸せでした。この作品があったおかげで、そのあとの作品の現場を楽しめるようになりました。このことは僕の中ででかいです。

■ARATA:蜷川組は、監督に抱いていた力強い現場のイメージとは違い、実際はていねいに芝居をつけてくれて、やさしいあたたかい空気でした。役者ひとりひとりの芝居あってこその現場なので、3人で助け合いながらやっていました。自分ひとりでは役を作っていくことはできず、2人と一緒に作っていく空気感から芝居が固まっていきました。


元記事


僕は、最初監督に抱いていたイメージから、とても力強い現場になるだろうと思っていたんですが、撮影初日を迎えて、蜷川監督はとても繊細な現場作りをする方で、逆に肩透かしをくらったというか……。こんなに丁寧に芝居をつけてくれて、作品とは裏腹に、終始、暖かくて優しい空気が流れている現場でした。その中で芝居が出来るということを幸せに感じて過ごしていました。もちろん、ひとりひとりの芝居あっての作品なんですけど、ここにいる3人が本当に助け合いながらやった現場だと感じています。僕が演じたシバという役も、自分ひとりではどうしても作っていくことができず、吉高さんや高良くんと一緒に作っていく空気感からだんだんと固まっていったと思います。言葉ではなくて、スタッフの方や監督の現場作りで、とても温かみを感じる現場でした

元記事





この記事のURL | Movie | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。