スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「映画監督 若松孝二『17歳』の光と影」
- 2013/10/28(Mon) -
2011-1028.jpg

僕の全く知らない監督の顔が出てきて、冷静にナレーションが出来ないくらいに気持ちが入りましたね。
時々、映像に見入ってしまってナレーションを入れるのを危うく忘れてしまうほど、内容の濃い番組でした。



二人の出会いは、2008年の映画『 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』オーディションに始まる。
監督はARATAの事を知らず、赤く髪を染めた長身(183cm)の青年に興味を抱いたという。
そこで再び面接の場を設けたところ、ARATAはガラリと髪型を変え坊主姿でやって来たという。
「ヤル気になっているなと思って、その気持ちだけで良し!と(配役を)決めたんですよ。
そのストイックなところも(ARATAが演じた)坂口弘に似てるなと思ってね」と監督は振り返る。

本作出演以降、ARATAは変わった。
アーティストとしても活躍しているARATAはそれまで職業を問われても決して「俳優」とは答えなかったのだが
今では堂々と答え、映画だけでなくテレビドラマやトーク番組の司会と活動の幅を広げている。

若松監督のもとで芝居をするということ。
もっと言えば役者がどのように作品や役と向き合っていくのか?
ということをいろんなカタチで僕に投げかけてくれたんです。勉強させて頂きました。


すっかり若松監督に惚れ込んでしまったARATAは常連俳優となり、
『キャタピラー』では軍人役、『 11・25自決の日 三島由紀夫と仲間たち』では主演の三島役、
『 海燕ホテル・ブルー』ではヤクザ役と4作続けて出演。
11月4日にクランクインする『千年の愉楽』(2012年公開)でも
高良健吾演じる半蔵の父親役を演じることが決まっている。
「だって僕が新作を撮ると聞くと、通行人でもいいから出してって言うから。
でもまさかARATAさんに通行人をさせるワケには行かないでしょう」
と監督は頬をゆるめる。

それだけでなくARATAは、兄貴的存在として若松作品に初参加する若手役者に対して勉強会を開催し、
若松監督を影からもバックアップしている。
若松監督は撮影現場にマネジャーを連れてくるのも厳禁ならば、
打ち合わせも、脚本の読みあわせも一切なしで、まずは役者が考えてきた芝居を実行してもらうのが基本。
そのため、最初は戸惑う俳優も多いのだという。

毎回、出演者全員に勉強会をしているワケじゃないんですけどね。
(監督に怒鳴られるなど)“危ないかな……”と思った人にだけ、
普通の撮影現場とはやり方が違うので、同じような感覚で参加しないことや、監督とどう向きあうのか?
という心構えを伝えています。
高良君とは同じ事務所だから直接話せるし、あとの二人もその点は大丈夫でしょう。

地元の学校に通って、部活を一生懸命やっていた、何の変哲もない高校生でしたね。
監督はきっと当時の僕のような若者たちに、自分から何か行動を起こそうとする気持ちを
画面の中から見つけて欲しいという思いで映画を作っているんでしょうね。
もし当時の僕が若松作品と出会ってたら、間違いなく人生が変わったと思います。


ARATAに番組のキーワードである17歳の想い出を尋ねるとしみじみと語った。



元記事
スポンサーサイト
この記事のURL | TV | ▲ top
【TV】
- 2012/11/20(Tue) -
1996年  「TOP OF JAPAN」(MTV)
2008年  「デリパンダ〜おしゃべりデリ坊、東京ド真ん中配達中〜」(テレビ東京)第12話ゲスト
2008年  NHKスペシャル 「最後の戦犯」(NHK)- 主人公・吉村修 役
2009年  「課外授業 ようこそ先輩~大黒摩季」(NHK)-ナレーター
2009年  土曜ドラマ 「リミット-刑事の現場2-」(NHK)- 黒川真治 役
2009年  「ニュース速報は流れた」(フジテレビワンツーネクスト)- 仲村鷹彦 役
2010年  土曜ドラマ 「チェイス~国税査察官~」(NHK)- 村雲修次 役
2010年  終戦特番ドラマ「歸國」(TBS) - 志村伍長 役
2010年  「金融は貧困を救えるか~元銀行マン たった一人の挑戦~」(NHK) - ナレーション
2010年  「ソロモン流 賢人」(テレビ東京)
2010年  「モリのアサガオ」(テレビ東京) - 死刑囚・渡瀬満役 役
2010年  「ボクらの時代」(フジテレビ)‐寺島しのぶ×若松孝二×ARATA
2010年  「男前列伝 ~ 男35歳 “狂”を生きる」-曾我蕭白×ARATA- (NHKBShi)
2010年  「美の巨人たち」(テレビ東京)
2010年  「カシャッと一句!フォト575」(NHK BS2)
2011年  バラエティ「ホンネ日和」(中部日本放送)レギュラー
2011年  「最後の晩餐 〜刑事・遠野一行と七人の容疑者〜」(テレビ朝日) - 安西雄哉 役
2011年  「陽はまた昇る」 (テレビ朝日) - 安西雄哉 役
2011年  WOWOWミッドナイトドラマ「人間昆虫記」 (WOWOW)- 水野瞭太郎 役
2011年  「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」(フジテレビ) - 池澤雅人 役
2011年  WOWWOWノンフィクションW 「映画監督 若松孝二『17歳』の光と影」 - ナレーション
2012年  大河ドラマ「平清盛」(NHK) - 崇徳天皇 役
2012年  BSプレミアム 極上美の饗宴「世界初公開!蕭白・巨大龍図の秘密」(NHK)
2012年  「日曜美術館 工芸・温故知新!」(NHK) - 葉山有樹さんの工房を訪ねてリポート
2012年  「ミュージック ポートレイト YOU × 是枝裕和」(NHK) - ナレーション
2012年  「リッチマン、プアウーマン」(フジテレビ) - 朝比奈恒介役
2013年  「ビブリア古書堂の事件手帖」(CX系連続ドラマ第7話) - 須崎役
2013年  NHK-Eテレ「日曜美術館」- キャスター担当
2013年  「リッチマン、プアウーマン」スペシャル(フジテレビ) - 朝比奈恒介役
この記事のURL | TV | ▲ top
「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#3
- 2011/12/23(Fri) -
榮倉さん、菅野さんとご一緒するのが初めてで、
まずはお二人と共演できることに「面白そうだな」と興味をひかれました。
そして、第一話の脚本を読み、直子、彩、雅人の3人が破綻に向かって行くのか、
それとも光が見える展開になるのか、
先のストーリーが全然読めないことにも面白さを感じました。
と同時に、雅人のような役を演じるのも初めてのことですし、
これは難しい役になるな、と思いました。


雅人は、ごく普通の男性なんです。
そんな男が、二人の女性に求められ、彼女たちの間で揺れ動くとなったときに、
それをどう表現していけばいいのか、当初は良く分かりませんでした。
ある程度の想像はできても、これは実際にやってみないとわからないと思いました。
そんな中クランクインしたのですが、
初日は雅人が故郷である岡山県の牛窓からということもあってか、
実際に榮倉さん、菅野さんと言葉を交わしてみたら、
不思議なくらいパッと距離感がつかめたんです。
それはお二人がしっかりとお芝居を作っていらっしゃたからだと思うのですが、
早い段階でそんな感覚に慣れたのはよかったです。
これから雅人がどう変化して行くのか、僕自身も楽しみにしています。


榮倉さんは、こちらが投げかけたものを自然に受け返してくれる方ですので、
楽しいときは楽しく、辛いときは辛いまま、お互い相手の芝居を受けていれば
直子と雅人の関係は成立するなと感じています。
実際、直子と雅人が対峙しているシーンを見て、
そこに叔父と姪という長い年月をかけて作られた関係性が自然と出ているなと思いました。

それはなぜかと言えば、榮倉さんが直子と言う役にちゃんと血を通わせているから、
直子として自然にそれでいてきちんと存在できているから、
ああいうお芝居になっているじゃないかと感じています。

菅野さんご自身がすごく熱い方で驚かされました。
自分の役柄に対してはもちろん、キャストやスタッフ、そして作品全体に対して、
ものすごく情熱を傾ける方なんです。
それでいて撮影の合間には、素顔のご自身を包み隠さず見せてくださる、
人間としてもとても魅力的な方なんです。
僕としては、そんなお二入の間でお芝居を受けながら、
だんだん雅人と言う人間が構築できているような感じがしています。


雅人にとって直子はあくまでも姪という存在なので、
姪と男女の関係を作っていくということは現時点では考えられないと思います。
普通なら、直子の気持ちを知ってしまったときにそれまで築いてきた距離感も崩壊してしまって、
直子と過ごす時間は辛いものでしかなくなるだろうなって。
でもその反面、純粋に強く求められるということは、
男として人としては幸せなことだろうとも思うんです。
そんな微妙関係の中で、幸せを見出せたらいいのですが・・・。

一方、彩のような才媛を素敵だと思うのは男なら普通の感覚ですよね。
そんな女性と生活を共にしてすれ違いが生じたときに、
そこを乗り越えようと努力するのか、あるいは我慢しながら一緒に生きて行くのか、
それても諦めてしまうのか、雅人がどんな選択をするのか興味があります。


(雅人は、いずれその選択を迫られることになる)そうだと思います。
でも、選べる環境にいるというのがズルいですよね。
本当に誠実な男だったら、直子の気持ちを知った時点で二人の前から消えてもいいのに、
それをしないってことは、男ならではのズルさと甘さがあるんだと思います。
悪いのは直子か彩か、という議論になりがちかもしれませんが、
一番ダメなのは雅人なんじゃないかって個人的には感じています。


(一人の男性を巡ってバトルを繰り広げる二人の女性について)
脚本でも緻密に描かれているので、読んでいてドキッとします(笑)。
いろんなものを組み立てて仕掛けてくる彩と、
純粋だけど社会のルールを無視してでも真っ直ぐに突っ走る直子、
どちらも極端な女性像を描いているのかな、とは思いますが、
ああいう嫉妬心は男にもあるものだと思いますので、理解できないことはないですが・・・
やっぱり知りたくないことではありますよね。
今後二人がどうなるのか、気になりますが、
あまり恐ろしいこといになると、僕の体と心が持たなそうだな、と感じています(笑)。


確かクランクインする前だったと思いますが、
演出部サイドが今回はディープな作品ではあるけれど、現場は楽しく過ごしていこうと言っていた、
と榮倉さんから聞いたんです。
僕自身、最近演じた役が犯罪者だったりすることもあって、孤独に現場を過ごすことが多く、
普通に楽しく過ごすということを忘れてしまっていました。
ですから、今回のようにスタッフ、キャストが笑顔で過ごせる現場は久しぶりですし、
雅人のようにしっかりと役柄を作っていくお芝居も久しぶりですので、
そこを存分に楽しみたいと思っています。
視聴者の方には、直子、彩、雅人のどんどん複雑になって行く関係と距離感を楽しんで、
今後の展開にご期待いただけたら嬉しいですね。


 「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」

 「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#2
この記事のURL | TV | ▲ top
「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#5
- 2011/12/22(Thu) -
(ドラマを制作してきた)組に、連帯感が生まれてくる頃に、終わっちゃうんですね。
雅人の役を作り始めていたときに、榮倉さん、菅野さんのお芝居を受け、
そのまま自然と出していったモノが雅人となり、雅人が完成していったんだと、今強く思っています。

みなさん、本当にありがとうございました。


2011TH (17)


 「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」

 「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#2

「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#3

「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#4
この記事のURL | TV | ▲ top
「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#4
- 2011/12/22(Thu) -
2011TH (11)
2011TH (12)
2011TH (13)
2011TH (14)
2011TH (15)
2011TH (16)


 「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」

 「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#2

「蜜の味 〜A Taste Of Honey〜」#3
この記事のURL | TV | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。